オキナゾールL100 Q&A

Q1:類似疾患とどのように見分ければよいですか?

A1
かゆみの程度、おりものの量・性状、におい等で見分けます。腟カンジダは強いかゆみがあり、おりものは白く濁った(酒かす状、カッテージチーズ状)り、においがほとんどないのが特徴です。
→詳しくはこちら「腟カンジダと間違いやすい疾患」

Q2:症状から明らかに腟カンジダと考えられますが、医師による診断・治療の経験がなくても「オキナゾールL100」を使ってよいですか?

A2
使用しないでください。本剤は腟カンジダの再発治療薬です。
初めて腟カンジダが発症した方については、医師による診療を受けて
いただかなければなりません。

Q3: 再発までの期間が2ヶ月以内、又は2ヶ月以上であっても、直近6ヶ月以内に2回以上感染した人に使用してはいけない理由は?

A3
再発を繰り返す場合には、糖尿病や免疫不全などの他の疾患が原因となっていることが考えられます。
本剤によって症状が一時的によくなっても、すぐに再発してしまう可能性が高いので、医師の診療を受けてください。

Q4:6日間使用する前に症状が消失したら、治療を途中で中止してもよいですか?

A4
中止せず6日間継続してください。菌数の減少で症状はよくなっても、菌を完全に除去できたとは限りません。
カンジダ菌を腟内に残さないよう、必ず6日間連続して使用してください。

Q5:3日間使用しても症状が改善しない、6日間使用しても症状が消失しない理由としてはどんなことが考えられますか?

A5
他の疾患、薬剤に対する過敏症、耐性菌などが理由として考えられます。

Q6:生理中に使用できますか?

A6
生理中は使用できません。経血によって薬剤が流れ出てしまうと、作用が減弱して十分な効果を得られない可能性があります。
また、治療中に生理になった場合も、同様の理由で治療を中止してください。治療を途中で中止した場合には、治癒等の確認が必要であるため、医師の診療を受けてください。

Q7:本剤を使用中、パートナーが避妊具を着用すれば、性行為は可能ですか?

A7
間接的に感染を起こしたり、避妊具が破損する可能性も考えられるので、感染を防ぐため性行為を行わないようにしてください。

Q8:腟カンジダの再発を防ぐにはどうすればよいですか?

A8
カンジダ菌は、湿度や温度の高いときに繁殖しやすいので、できるだけ、乾燥した状態を保つようにすることが大切です。
通気性のよい清潔な下着を身に着ける、パンティストッキングをはかない、おりものシートなどはこまめに交換するなどの対策が必要です。
→詳しくはこちら「再発しないための日常生活ケアのポイント」
また、腟カンジダは免疫力が低下した時に発症しやすくなるので、十分な休養をとったり、ストレスをためず、規則正しい生活をすることも大切です。

Q9:薬剤(1日1回1錠)はいつ挿入すればよいですか?

A9

就寝前が望ましいです。挿入が浅いと本剤が出てきてしまう可能性がありますが、横になった状態では 腟錠が脱落しにくく、寝ている間に崩壊・分散するためです。

 

Q10:ステロイド外用剤と併用してもよいですか?

A10
ステロイド外用剤は真菌感染症に使用できません。
ステロイド成分の抗炎症作用で一時的に症状が治まるかもしれませんが、免疫抑制作用によってカンジダ菌が増殖し、症状を悪化させる可能性があります。

Q11:副作用にはどのようなものがありますか?

A11
オキシコナゾール硝酸塩あるいは本剤の添加物に対する過敏症により局所のかゆみ、疼痛、発赤などを起こすことがあります。
本剤使用後にこれらの症状があらわれた場合や腟カンジダの症状が悪化した場合には、使用を中止し、医師の診療を受けてください。

Q12:誤って腟錠を飲んでしまっても大丈夫ですか?

A12

下痢などの消化器症状を起こす可能性があります。
もし誤って飲んでしまった場合は、すぐに医師の診療を受けてください。